独立開業のビジネス

独立開業のビジネスでは

脱サラしビジネスを独立開業

サラリーマンが退職して、独立開業してビジネスを行う場合、気をつけることがあります。まず、開業して利益が見込めるかを考えてゆかなければなりません。事業で生計を立ててゆかなければならないのです。事業を代表する立場になるのですから、特別な技術や資格を持っていること以前に、人間関係が上手くゆかなければ、得意先がなくなり、利益が上がらなくなり、事業が立ち行かなくなります。単にサラリーマンが嫌だ、営業が不得意だ、といった消極的な動機で脱サラする意味はありません。独立したビジネスの代表者として事業の責任ある立場になることを自覚する必要があります。

起業して独立することによって

サラリーマンや公務員として仕事をしている方は、リスクは少ないものの得られる賃金も決まった金額になってしまいます。その点では、起業して独立することによって、ビジネス上のリスクは大きくなるものの、それに比例して大きなリターンが期待できます。さらに、期待できるリターンは努力によって大きくすることができますので、起業は大きなビジネスチャンスであると言えます。起業するためには、今の職場で十分な勉強を行うとともに、それ以外にも必要なことは多くあります。チャンスを逃してはいけませんが、焦らずに準備を整えることも大切です。

↑PAGE TOP

Copyright © 独立開業のビジネスでは All rights reserved